「ひなたん」ってどんなひと?

ひなちえサイトの運営者ひなたんってどんな人?のアイキャッチ プロフィール
スポンサーリンク

先日、このサイトについてお話しました。

そのときにちょこっと、わたしについても簡単に自己紹介をしました。

すごーくあっさりのお話だったので、今回はわたし「ひなたん」にスポットを当てて詳しくお話したいと思います。

ひなたん
ひなたん

ここを読めばひなたんは丸裸です(笑)

スポンサーリンク

「ひなたん」のプロフィール

名前ひなたん
性別女。(女の子って書きかけた)
年齢永遠の18歳だと思ってるけど、どう計算しても26歳です。
出身地・在住地大阪府出身、千葉県在住。東京ディズニーランドまですぐそこ!
性格
ママにあるまじきおおざっぱ。ズボラの中のズボラ。
結婚前まで週1も掃除機かけていませんでした。
好きなものディズニー全般!トイ・ストーリーがわたしを形成してくれています。
嫌いなもの虫。虫はぜんぶ苦手です。夏が苦手です。春も虫が多いから苦手です。
秋も虫が多いから苦手です。冬も寒いから苦手です。どうしよう。
座右の銘俺がついてるぜ。きみはともだち!(トイ・ストーリー/君はともだち より)

「ひなたん」の生い立ち

幼少期・小学生時代

大阪府で生まれました。大阪生まれ大阪育ちです。

母の実家も父の実家も大阪のバリバリの大阪っ子です。

中学時代

やっと自我がでてきました。

高校時代

高校に入学。とくになんの変哲もない普通科へ。

頭脳レベルも並みの並。電車で3駅ほどのところへ通いました。

アルバイトと遊びにあけくれる日々。

高校時代にmacbookと原付を購入し、免許も取得しました。

専門学校時代

高校卒業後は大学へは行かず、専門学校に行きました。なんの専門学校というと難しいのですが、放送系の専門学校です。

引き続きアルバイトはしていたので、専門学校時代もバイトと遊びで楽しんでいた思い出があります。

スポンサーリンク

就職→上京

放送関係の仕事に就職し、就職を機に上京しました。東京で初の一人暮らしです。

放送業界はかなり忙しく、就職してすぐからあまり家に帰れない日々を過ごしました。

仕事は本当に忙しすぎて、遊びもあまりしていないのですがわたしの心を癒してくれる存在がありました。

それがディズニーランドです。のちほど詳しくお話します。

結婚→退職

主人とは職場で出会いました。

仕事柄、とても忙しく身体に気もつかえなかったので、子どもが欲しかったわたしは結婚を機に退職しました。

退職後、事務の仕事をはじめました。定時で帰れる幸せを噛み締めました。

事務の仕事はとても楽しく、ここでパソコンに目覚めました。

パソコンをいじいじしているのが楽しくて楽しくて!

一日中ディスプレイと向かい合っていました。

その結果今や、めっちゃ目が悪くなっている気がしています。

スポンサーリンク

妊娠を機に退社

事務のお仕事をはじめて1年ほどで妊娠が発覚。

つわりがひどく、定時のお仕事だったので行き帰りの満員電車がとってもつらかったのを覚えています。

遅れて出社させてもらう日もありましたが、つわりのひどさは収まらず。休む日も多くなってきたので安定期前に退職しました。

わたしが休む分、同僚に迷惑がかかるのが申し訳なかったのが大きな理由ですが、会社はとてもよくしてくれたので感謝しています。

出産

出産については長く今度お話しようかと思っていますが、主人立ち会いのもと出産しました。

ちょうど主人が休みの日に陣痛がはじまったので、主人が次の日は休んでくれて、立ち会ってくれました。

大阪から母も駆けつけてくれ、おかげで無事とっても元気な男の子を出産しました。

スポンサーリンク

ディズニーとの出会い

上京してはじめて、ディズニーランドへ行きました。

大阪にいるころからディズニーは大好きで、自分の部屋もほぼベルメゾンのディズニーグッズであふれかえっていました。

ベルメゾンのディズニーってちょっぴり高いけどやっぱり可愛いんですよね。

今でも愛用中です。

ベルメゾンネット

初めてのディズニーランドはもう、そりゃもうきらっきら。

夢の国という言葉がそのままぴったりでした。

ファストパスの使い方もうまくはなかったし、日曜日のめちゃくちゃ混んでる日で待ち時間もすごい長かったんですが、楽しすぎて一瞬で時間が過ぎました。開園から閉園までめいっぱい遊び、その日から数日はアドレナリンが出まくっていたと思います。

以降ディズニーランドには1つのイベントにつき2回ほど毎回行っていました。ランドばっかり行っていましたが、シーも年に3回くらいは行っていました。

正直年パスを買おうかずーっと迷っていたんですが、スターライト(休日に午後3時から入園できるパス。ワンデーより少し安い。入園できない日もあります。)やアフター6(平日午後6時から入園できるパス。夜の数時間しか遊べないので比較的安い。夏は夏5といって、午後5時から入園できたりも。入園できない日もあります。)で行くことも多いので元が取れるのか不安でずっと迷い続けています。

なんだかんだ、年パスを買えばよかったと損している年もありました。

ディズニーに通いすぎる結果、結婚を機にディズニーランドの近くに引っ越しました。主人もわたしも勤務先は都内だったのですが、思い切りって大事ですね。

主人はそこまでディズニー好きというわけではなかったんですが、数年で染めあげました。(カワイソウ)

現在も家にはたくさんのディズニーグッズ。

義理のご両親がうちに初めて来たときはとてもびっくりしていました(笑)

今は子どもがまだ小さいので我慢していますが、子どもが大きくなって少しでも楽しめそうになったら家族でディズニーに行こうと思っています。それがとっても楽しみです!

そのころにはできているであろう、トイストーリーホテルに泊まるぞ~~~!

スポンサーリンク

まとめ

後半はほぼディズニーのお話になってしまいすみません(笑)

わたくしのお話はいかがでしたでしょうか。長々とすみません。

また時間があるときにでも、ちょっとずつゆっくり自己紹介していければなと思いますので

またお付き合いください。

ベルメゾンネット